こちうのてんち
好きなものをぽつりぽつりと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





エスパークスファンミーティング 感想レポート前編
11/29(土)に行われた、
エスパークスファンミーティングに,
宮城から参加させて頂いて来ました!

→エスパークス ファンミーティング~THE EVE FOR THE 20TH ANNIVERSARY

10数年前、私が小学校時代に流行った、文房具のキャラクターです。
20代~30代の方は、覚えていらっしゃるかもしれません。
ノートやカンペン、下敷きなどにマンガやゲームが載っていました。

その人気の高さから雑誌での漫画化、ゲーム化、カードダス、
お菓子など、あちこちに展開されたキャラクターです。

来年2009年で発売20周年を迎えるのですが、
その一年前、イブの記念イベントでした。

エスパークスは私が始めてハマったマンガなので、
もしかしたら、今の私を作った原点かもしれません(^^;)


今回の感想とレポートを書いてみたのですが、
とても長くなってしまったので、前編・後編に分けています。

興味を持たれた方は、下の[READ MORE】からどうぞ★






★入場前

会場入り口

会場の入り口にあった立て看板を見て、
「本当にエスパークスのイベントをやるんだ……!」
と、のっけからぐっと来ました。


★16:00
開場

受付を済ませて入場。

まず、入場者プレゼント!
缶バッジ1ヶ、カードダス1枚、ポストカード1枚がプレゼントされました!
カードダス、私の引きの強さを見せてやる!と意気込んで引いたら、
プルーデンスでした;
い、いや嫌いじゃないんだ!
ちょっとがっかりなだけさ……。

E20081129-1.jpg
缶バッジとPPカード。

E20081129-2.jpg
絵はがき。

席はフリーで、ワンオーダー制。
カシスソーダを頂きました。

席にはアンケートとクイズ解答用紙がありました。

アンケート用紙
このイベントをどこで知ったか、好きなキャラは?などの質問でした。
アンケート用紙はスタッフさんが随時回収されていました。

クイズ解答用紙は、後編にアップしてます。

開場は正面がステージ、右側がグッズ展示コーナー。
左側は調理関係……だったかな?ちょっと見えませんでした。

正面ステージには、
ゆるくカーブを描いて机と椅子が並べられていました。
後壁には3枚のロールスクリーンがありました。
ここにステージの様子が映し出されるんでしょうね。
これで後ろの席の方にも安心。よかったよかった。

右側には、懐かしのグッズがずらっと並べられていました。
ほぼ全種類のノート(入手できなかった第9弾も!)、
札束メモ、カンペン、ポケットボーイ版、
オレンジキャップの液体のり、使ってました(笑)
こんなんあったんか!という様な細かいグッズも色々。
消しゴムの紙ケースの内側に、色々情報が書いてあったりしたんですよね~。
本当に懐かしかった……!

イベント中の写真撮影・録画は禁止されていましたが、
グッズコーナーは写真撮影OKということでした。
ということで私も写真を撮ってみましたが、あまりうまく撮れてない……;

グッズ1 グッズ2 グッズ3

グッズ4 グッズ5

かなり細かく写真を撮っていらっしゃった方もいたので、
その方々がレポートをUPして下さっていると嬉しいのですが……!


次第に埋まっていく席。
男女比率は8:2か7:3くらい?
年代は20代~40代くらいの方が多かったように思います。
お子様連れの方もいらっしゃいました。

隣の席の兄さん方と話が弾みました!
ノートやグッズ等を持参していらっしゃって、
色々見せて頂きました★

その時に私が、
「9弾だけこっちで販売されなくて、残念でした」と話した所、
「そんなあなたに」と、手渡してくれたのが……

第9弾!読ませて頂きました!!


まさにその9弾のノート!!
はわうあああああ!?Σ(゚□゚ι)!?!?
「ありがとうございます、ありがとうございます!!」
と感謝しつつ、早速読ませて頂きました。

エスパークスのwikiであらすじは知っていましたが、やっぱり実物も読みたかったんです。
なるほど……ギャグとシリアスが入り混じった、
絶妙なソッピー君テイストは変わらない!(笑)
貴重なものを読ませて頂き、本当にありがとうございましたお兄さん!


★17:00
第一部スタート

司会はヨシナガさん(僕の見た秩序。)。
スーツがよくお似合いでした。

ヨシナガさんも、リアルタイムでエスパークスを知る方とのこと。
これは嬉しい!

続いてソッピーくん、アクマニヒロンさん、クロダマンさんが登場!
自身のイメージキャラクター絵を持っていました。
これはイメージが湧きやすい!


【第1弾について】
1弾ノートが画面に映し出されます。
中は赤黒2色印刷、懐かしいですね。
そういえば昔のジャンプも、赤黒2色印刷だった時があったような。

1弾よりも前に、カーレースをテーマにした作品があったそうです。
ゲームカンパニー、NINJA☆KIDというタイトル(会社名?)もありました。
キー助らしき白サルが後ろにちょこっと見えました。

1弾の表紙案が何枚かあったそうで、それらも画面に表示。
既に彩色済みで、灰色や中華風の鎧などがありました。
ここまで完成していたのに、もったいない;


【第2弾について】
2弾ノートが画面にアップ。
ストーリーもサイバーっぽさUP。
マンガは、この弾から3色カラーになりました。
当時の印刷所さんとの話を聞かせて頂きました。
1弾は赤黒2色だったので、特に印刷所さんは何も言わなかったそうです。
でも2弾からの書き込みの量、色指定などが細かすぎて、
印刷所さんをかなり困らせたそうです(^^;)

首から触手の話で、社内で論争があったとかなかったとか(笑)
ラストのガリポリ変身シーンとか、ちょっとグロいですしねぇ……。
(5弾のティアラ→キューカーへの変化シーンは、個人的にトラウマ)

Dr.ガリポリの「悪」が「もっと悪」になった。
そうそう!そうなんですよ!!(笑)


【第3弾について】
この話で、自分の力に慢心したEPは、一度倒されます。
「完全な正義など無い」がソッピーくんの中でのEPのテーマだったそうです。
表紙案の中にあった、GTRの背中絵はレアだと思います。


【第4弾について】
ある絵の背景で茶色を塗るときに、
会社にあったティーバックを使って色を出し、塗ったそうです(笑)。
確かに、印刷所さんもこれを知ったら驚いたことでしょう。
実際の原画は、古ぼけたいい色が出てました。

この背景の茶色は、紅茶の色(笑)
たぶん、この絵です。

開場前や入場時に流れていたBGMは、ソッピー君セレクトだそうです。
これが命名の元になった「スパークス」の曲かな?


【思い出のグッズについて】
サンエックスは今はリラックマが有名です。
E/P時代も、ああいう感じのファンシーキャラがメインだったとのこと。
そんな中でのE/Pシリーズ。かなり異彩を放っていたようです。

──札束メモ
ソッピー君は札束メモが印象深かったそうです。
金額の桁が違いますよね、億とか京とか亥とか(笑)
桁の多さと、箔押しが人気の鍵?
ただ、桁は億までは良いのですが、
それ以上の京・亥になると数が大きすぎて、子供たちが分からないといった意見が;
作成時はより本物に近いお札デザインにするため、クリエイター魂がうずき、
さながら偽札作成班のような雰囲気だったそうです(笑)
確かに、数字のゼロの形や、中央の「一億円」の字も、
本物と見まごう程の完成度でした(^^)v

──カンペン
当時はゲームカンペンも人気でした。
中に本編のサイドストーリーや、関係ないギャグ編などが書いてありました。
すごろくゲームも楽しめる、凝った造り。
「E/Pグッズが学校で禁止された方は?」という質問で、
挙手された方もいらっしゃいました。
むむむ、うちはそこまでなかったなぁ。

──PPケース
カンペンは落下音がすごいです;
その後、PPケースが発売されます。
ポリプロピレンの半透明のケースで、2本の紐でフタを止めます。
ケースの中には、なぜかプラモデル入り(笑)。
カンペンを作るならオマケを入れよう!
というコンセプトの元で入れられたそうです(笑)

──ビック下敷き
その名の通り、大きな下敷き。
サイズは通常のB5サイズの……2倍?くらいでした。
サイズ比較が無かったので、はっきりとはわかりません。
表は、8と1/2弾の青柄の絵。
裏、はボードゲームになっていました。
ちなみにコマは別売りだったそうで;
これを作った理由も思い出せず、
勢いで作っちゃったグッズ、とのことでした(笑)

──グラデーション作業
今はマックなどのコンピュータで色塗りが出来ますが、
当時は印刷所さんの手作業。
E/Pはロゴやマンガなどでグラデーションが多く、
そういう意味でも印刷所屋さん泣かせだったそうです。

──消しゴム
アクマニヒロンさんがお話して下さいました。
消しゴムは消字率が80%無いと、
日本字消工業会のクリーンマークがもらえないそうです。
(お手持ちの消しゴムのケースのどこかに、マークがあるはずです)
「消しゴム」と名が付くからには、ちゃんとその規格を満たさなければいけない。
型の作成から素材の配合などで、かなり苦労されたそうです。
色々の過程で、消しゴムの表面にシワが入ってしまい、
申し訳なかったともおっしゃっていました。
ちなみにキン消しは30%程度の消字率だそうです。

──メディアミックス
E/Pはついにゲーム化!
ポケットボーイ(1~4弾)、
GB(5・6弾ベースのオリジナル・ペリヴァロンの聖石)
SFC(7・8弾の異時空からの来訪者)

GBとSFCは持ってます。
GBはアクション、SFCはアクションRPG。
GBでは最初は初代E/Pですが、
敵を倒して3000点貯まると、ホワイトナイトに変身できます。
そして、3面の空ステージの曲が熱い曲で、とてもカッコいいのです!
もし中古屋などで見かける機会がありましたら、是非!

手持ちのGB版より
エスパークス GB版から


SFCは洞窟内のカミサマの占いが、
やたら楽しかった思い出が(笑)


ここで、当時の社内ポスター(?)が登場。

ファンシー?

「ベジタブルキッズ」という、野菜をかたどったファンシーなキャラ達が輪を描くど真ん中に、
なぜかエスパークス達が立っています(笑)(5弾ノート表紙絵……かな?)
あ、崇められてる!奉られてる!!(爆笑)

──海外のパチモンの話
スタッフさんがインドネシアに行った際、
2弾ノートのパクリと思われるノートを発見したそうです。
ノートの表紙絵を必死で模写した跡が見えます。
ですが、頭でっかちだったり、キー助が小さかったりしていました。
でも、必死で模写したんでしょうね。
2弾からパクリ商品が出るなんて……すごいです。
ちなみにこのパチモンノート、中身にマンガは無く、
罫線が引かれた普通のノートでした(笑)

その他にもフィリピン、台湾、香港などで作られた商品が色々と。
後ろのバーコードで、どこの国で作ったのかがわかるそうです。
480で始まるのはフィリピン、とか。
あっちは無断で使っているという自覚が無く、
「あんたのとこの商品をこうして広めてあげている」という認識らしいです。


──その他グッズについて
1シリーズにつき、約20アイテムがあった(札束メモ、消しゴム等)
第1弾でも13種類。
1つのアイテムに付き、2種類あるものもあった(カンペン、下敷きなど)

・ハガエル大王のシャープペン
 →ノックすると手が上下にピコピコ動く
・すごろくのコマつきシャープペン
 →頭のキャップ部が、コマになっている。取り外し可。
・スゴロク付きシャープペン
 →ノックすると、側面の窓に表示されているスゴロクの絵が変わる。
・SFCエスパークス販促ビデオ
 →プレイ画像が映りました!フルで見たかった……!!
・トミー93カタログ
 →幽白の幽助の隣にエスパークスが!
 他にもモノポリーやらウルトラクイズ、ウノ、アクセルブリッドなども並んでいて、
 非常にカオスでした(笑)

ここで登場した、9弾のラフ画!
これラフじゃないでしょ!!ってくらいの書き込み量でした!!
あとで並べて比較するってことだったんですが、結局されませんでした(T^T)


この時点で18:00。
休憩に入りました。

後半も長いので、
一旦ここで前半レポートを終了します。

誤字脱字、載せちゃまずい情報などございましたら、
こちらからお知らせ下さい。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント
20th !!
はじめまして。
エスパークス復刊の仕掛け人です(笑)

去年の夏くらいから復刊ドットコムにエスパークス関連のブログ記事のTB記事を貼りまくったら復刊コメントが一定のペースで増えていくようになりました。

「どこまで伸びてくかな~」と思ってたんですが、最近復刊ドットコムのページを見てみたら"復刊が決定しました"との文字が・・・。

エスパークスを復刊に導いた殊勲者への感謝コメントは、リンク先のブログまで...(爆)
【2008/12/06 12:07】 URL | mk1 #1wIl0x2Y [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kotiu.blog26.fc2.com/tb.php/903-37c27883
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

桜鳥

Author:桜鳥


ポップンや他ゲーム、日常の与太話などを、
宮城の片隅よりお送りします。
最近はついったの方が多め。








最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。