こちうのてんち
好きなものをぽつりぽつりと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





みえるひと・第四十三譚『パラノイドサーカス』
過去と現在が入り混じっているので、過去と現在を分けようと思います。

まずは過去。

さらに明かされた、雪乃を巡る過去。
14年前、雪乃を狙ってゴウメイとコモンがやって来たが、
火神楽、神吹銀一、明神、湟神一兆らが撃退する。
今回は雪乃の所在のニセ情報を一兆が流したのだが、
それから2日で襲撃があったことで、銀一は裏切り者の可能性を考える。


火神楽(ヒカグラ)さんは、ガテン系のおじさんでした。
右手に火の梵痕を持ち、剄で銃を具現化して攻撃できるようです。
タバコは葉巻を愛用(愛飲?)。

神吹銀一(カンブキギンイチ)さんは、白スーツ&白ネクタイ姿のインテリ系の男性でした。
左の手の平に風の梵痕を持っています。

そして11年前、明神は雪乃の元へやって来ていた。
雪乃がこれからも陰魄に気づかれないように暮らすために、
明神と一兆が結界を張った範囲を知らせるためだった。
姫乃が間も無く小学校に入学するが、行動範囲に小学校は入っておらず、落ち込む雪乃。
だがこうして普通に生活できるだけで奇跡だと、雪乃は明神達に感謝する。
明神はいつの間にか、雪乃に対して敬語で話すようになっていた。


雪乃さんち、壁にヒビが入ってるし、窓にもヒビが…。
結構大変な生活だったんですね。
雪乃さんを守る結界が狭まってきたのは、次第に強力になっていく雪乃さんの力を抑えるため、
結界の範囲を絞って、強力にしようとしたのかも?と思いました。
明神が雪乃さんに対して敬語になったのは…うーん…母になった雪乃さんに敬意を表してとか、
雪乃さんの巨大な力に、無意識のうちに従うような感じになってしまったとか…うわ、難しいな;何だろう;

とあるビルの一室。
一兆、神吹、火神楽、そして壊神(エガミ)が話し合いをしていた。
一兆は、無縁断世(雪乃)を狙う脅威は、ほぼアニマに絞っても良いと思っていたが、
ここ数年の彼らの団結力は侮れないとも思っていた。
神吹は、強力な統率者の存在の可能性を考える。
火神楽は、アニマ達はアクだらけのよりあつまりなので、いずれバラバラになるだろうと楽観視していた。
そして、壊神は雪乃の居場所をそれとなく一兆に聞こうとするが、
深くは追求しなかった。


壊神怪しすぎ(笑)。
右手に時計つけるってことは、左利きなんですかね?


そして、現在。

澪はパラノイドサーカスについて姫乃達に説明する。
始まりは陰魄。
陰魄は個々の未練などで組織的な行動を苦手としていた。
続いて人間願望(アニマ)。
アニマは人に憧れ、人に近づくことを理想とし、集団・組織的に動けるようになってきた。
そして、パラノイドサーカス。
完全な“妖”(あやかし)の血を引くアニマで構成された陰魄集団。
彼らは優勢と油断していた案内屋達から、雪乃の魂を攫い、
無縁断世の力により、最悪の脅威と化していた。
なお、焔狐のコモンもパラノイドサーカスの一員だった。


P400の3コマ目、昔の絵付き説明のコマで、
太師とカンテラ法師とカンナに似ている陰魄が出ていました。
中央の乗り物?がカナゴモリに酷似しています。横の模様とか。

姫乃を出すように澪に言うが、そうすんなりはいかなかった。
ゴウメイの目的は、コモンを倒した案内屋(=明神)と戦うことだった。
怪我をおして立ち上がろうとする明神だったが、澪の放った回復の刃の影響で、まだ動くことができなかった。
そこで澪は機転を利かせ、ゴウメイに明神のセリフを代弁して伝えるが、ゴウメイは激怒する。


「サルごとき~」ということは、ゴウメイはサルのアニマでOK?
というか、強敵相手でもこの堂々とした姿が素敵です、澪姐さん(笑)

怒ったゴウメイは、招雷吼(ハウリングストーム)を放ち、うたかた荘の周囲を異天空間で覆ってしまう。
たが、次の瞬間、澪は“水剄郭” “浄浄沙房”(スイケイカク ジョウジョウサボウ)を放ち、
ゴウメイの異天空間の中に、さらに水と光の結界を張った。
ゴウメイの力でも敗れないほど、強力な結界だった。
澪の力に圧倒されるうたかた荘の面々。
そして、明神はちょっと凹んでいた。


す、すごい力だ姐さん!!Σ(゚□゚ι)
ゴウメイが「成長したじゃねえかヒヨッ子…!!」と言っていましたが、
もしかしたら以前、戦ったことがあるのかも?
で、その時に師匠の一兆さんが倒されて、澪さんが水の梵痕を託されて、
彼女が新たな水の案内屋に…なんて(^^;)
いや、でも左わき腹に直に触って移すとしたら、エロいなじーちゃん(爆)

その時、ゴウメイの異天空間を切り裂き、グレイがやって来た。
澪は彼を『クロックラビット』と呼び、これから全てのパラノイドサーカス達がやってくることを予感する。
澪は今の状況を整理して、考えた。
そして出された結論は、籠城戦。
澪の結界は2日以上もつので、その間に全員が傷の治療に専念し、
この現状を打開する策を練るのだ。
この間は外出禁止なため、姫乃はまたしばらく不登校生活が続く…。


とりあえず、『インフルエンザにかかりました』と、学校に連絡しなくちゃ(笑)
おたふく風邪や風疹、インフルエンザで学校を休むと、
普通の欠席じゃなくて、公欠扱いになるはず…確か(^^;)
少なくともうちの学校ではそうだった;

その頃、コクテンはうたかた荘に向かう前に、キヨイの元へ向かっていた。
墓地の中で佇むキヨイを見て、「うーん、今日もいい感じ」と頬を赤らめて呟くコクテン。


まだ姿が出ませんキヨイさん;
どんな人なんだろう……影を見ると大男っぽい…大きい動物…

…熊?Σ( ̄□ ̄ι)



次第に明かされて行く雪乃と案内屋達の過去!
籠城戦を開始した明神達の今後はどうなる!?
籠城は援軍を期待して行う戦法だが…誰か来るのか!?
まさか他の案内屋か!?火神楽さん達かー!?(願)

ということで、今週のアンケートは15番です!
今週も安寧や、安寧や…( ̄人 ̄)















以前、こっそりこんなことを考えていたんですが、
ダメかなぁ…風の案内屋・鳴神さん;
同じスーツ姿だし!!
口調も丁寧だし!!
目が細いし!!

今後の展開に大期待(^^)v
スポンサーサイト

テーマ:みえるひと - ジャンル:アニメ・コミック



プロフィール

桜鳥

Author:桜鳥


ポップンや他ゲーム、日常の与太話などを、
宮城の片隅よりお送りします。
最近はついったの方が多め。








最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。