こちうのてんち
好きなものをぽつりぽつりと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





みえるひと・第三十九譚『コモンの最期』
コモンの後ろに現れた大量の焔狐!
満身創痍な明神は、コモンを見据えています。

「うわわわまた出たッ!!!
いっぱい出たッ」

ツキタケがビビッて逃げようとしています!!(笑)
あぁもう!!可愛いなぁvv

「逃げんなツキタケェ!!!
明神も命張ってんだ!!!
とことんあがいてやろうじゃねーか!!!」

エージは落ちついていると言うか、肝が据わっているというか、
とにかくカッコいいなぁvv

チコ達も想いはそれぞれでした。
チコゾーはどうせ動けないなら最後まで見届けてやると思い、
姫乃と一緒に居たチコは何も考えていないようで(笑)、
チコの長老は、大量の焔狐達は、コモンを倒せば消えるかもしれないと考えていました。

梵痕の反動で、体中に痛みを覚える明神。
ついに、コモンの姿も見えなくなってしまいました;

そんな中、姫乃にナデナデしてもらってるガク!!
あーもう、やっぱり姫乃の指がすり抜けちゃってる…(T^T)

「こっ…これでいいの…?」
姫乃が顔を赤くして(!)言います。

「うん、力、湧きました」
ガクが真面目に答えます。

そして、踵を返して歩き出すガク。

(きた……!!
オレの最後の見せ場…!!)

「ひめのんがほれ直す
そしてオレからのプロポーズ」


(最後の一振り)

って、えぇええええぇえええ!?Σ(゚□゚ι)!!
ちょちょちょ、ちょっと待てーーーーー!!
それはどういう…!!

と思ったら、次のページの扉絵で澪姐さんがーーーーー!!v(>▽<)v
澪姐さん、待ってるだけなんですかね…。

で、扉絵が来たと言うことは、ここに話数と題名が書かれている訳ですよ。
今回は、

【第三十九譚 コモンの最期】

Σ(゚□゚ι)!!

タイトルを見て、「あぁ、そうなのか…」と思いつつ読み始めました。


場面は明神vsコモンへ。
自分をここまで傷つけた明神を誉めてやるというコモン。
しかし、コモンは明神の体がボロボロなことに気づいていました。

コモン曰く、梵痕は一部の案内屋が持つ高出力剄回路なのだそうです。
ということは、初代の黒明神も、澪姐さんもパワーアップ要素?を持っているんですね。

そして、ついにコモンの狩猟結界(ハンティングワールド)が炸裂!
一斉に動き出す焔狐達!!
大きな力の動きを感じ、その方向を向いた明神。
ほとんど見えなくなっていた目の先に、微かにコモンの姿を捉えました。
焔狐達の攻撃に備え、身構えるうたかた荘の面々&チコ達!

…しかし、焔狐達は動きません。
コモンに何事か話しかけています。
姫乃達には狐の鳴き声にしか聞こえませんが、
コモンやチコ達には、ちゃんとした言葉として伝わっていました。

コモンをはじめとする焔狐一族の願いは、
自分達の世界を踏みにじり、奪い続けてきた人間への復讐でした。
コモンはその願いを叶える為に焔狐の『頭』になりましたが、
結局は自分の力への欲求を満たすためでした。
そんなコモンに愛想が尽きた焔狐達は、
コモンが傷つき、全ての焔狐達を召喚する日を待っていました。
そして、焔狐達はコモンに力を貸すことはありませんでした。

焔狐達から力を得られず、呆然と立ち尽くすコモン。
そこへ、ゆっくりと明神がやって来ます。

(一発に、全てを注ぎ込もう
もう、移動に剄は使えない
体を支える剄もいらない

撃った後なんて知ったことか)


チコの長老曰く、コモンには先程の力も勢いも残っていないようです。
チコゾーも、それは案内屋(明神)も同じだと言います。

突然、コモンは明神の前から離れ、姫乃達の方へ向かってきました。
コモンは明神から受けたダメージと、最後に使った大炎陣で、かなり力を喰ってしまっていました。
姫乃を雪乃の元へ連れて行くことで、全てがチャラになると考えてのことでした。

ですが、姫乃のピンチを見逃すはずが無い男が一人。

姫乃に迫るコモンに、ガクは巨大ハンマーをぶちかまします!
が、避けられてしまいました;

「よけんじゃねェェェ間抜け!!!
一番おいしいところだぞ」


「邪魔するな────────!!」

するわ!!( ̄" ̄#)


バチバチ、とコモンは背後に何かが爆ぜる音に気づきます。

「──そこに──…いるのか──?…」

明神が追いつきました!

「…ひめのん、まだこいつに聞きたいことなんて──あるか?」

「…………
ないッ!!!」

目に涙を浮かべだ顔中傷だらけの姫乃は、はっきりと言い切ります。
本当にボロボロだひめのん(T^T)

その言葉が合図だったかのように、明神の右手が力を帯び始めます。

「待っ…」

「断末魔すら聞きたくねえ」
コモンの叫びも掻き消す、明神の一言。

そして、明神の技・剄華燎乱”闇蛍”がコモンに炸裂!

「梵(BOMB)」

久々に聞いた明神の決め台詞!!
コモンは完全に消滅はせずに、微妙に顔が残っている気がしないでも無いですが…?

力尽きて倒れる明神。
明神に駆け寄る姫乃。

「久方ぶりの自由だ!!!
手始めに奴らを喰ってしまえ!!!」

頭だったコモンが倒されたことで統率が無くなり、
暴れ始めようとする焔狐達。

「もういいでしょう!!
決着はついたわ!!!」

明神を抱き起こしつつ叫ぶひめのん!

その時、ツキタケは天井に何かが現れたことに気づきました。
まさかコモンが復活したのか!?と思いつつ、その存在をエージに教えるツキタケ。

「違う、コモンじゃねえ…!
全然別物…!!」



天井に現れたのは、頭巾を被り、袈裟を身につけ、数珠を持っている、
お坊さんの姿の霊。

『慎め 焔狐

桶川姫乃は 殺してはならぬ』


現れた霊が陰魄か陽魂か、それすらもわかりません。
しかし、コモンや焔狐のことを知っていたり、焔狐の暴走を止めたりできる辺り、
陰魄でアニマ関係なのかな?とも思います。
いや、もしかしたらこいつが澪姐さんが言っていた『奴ら』なのかもしれない…!!




『お初にお目にかかる …雪乃の娘』

姫乃の瞳に浮かぶ絶望の色!
自分で動くこともままならない明神!!
うたかた荘一行(とチコ達)は、この状況をどう乗り切るのか!?
あんなに皆ボロボロな状態でバトル展開が続くとは思いませんが、
バトル漫画大好きなジャンプだからなぁ…どうなることやら;
早くほのぼの日常編が見たい今日この頃。

それを見られるまで連載を続けてもらうためにも、
今週のアンケは20番です!!
さぁ皆様、レッツ投函!!


これからも安寧や安寧や( ̄人 ̄)
スポンサーサイト





テーマ:みえるひと - ジャンル:アニメ・コミック



プロフィール

桜鳥

Author:桜鳥


ポップンや他ゲーム、日常の与太話などを、
宮城の片隅よりお送りします。
最近はついったの方が多め。








最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。