こちうのてんち
好きなものをぽつりぽつりと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





みえるひと・第三十七譚『うたかた荘 反撃開始』
今回はもう、あれですよ。
二十七譚以来の、ガクヒメ大プッシュの回!!v(>▽<)v
読んでて激しくテンション上がりました…!!


コモンと対峙するガク。

「お前のせいで、
 ひめのんに会うのにこんなに時間がかかった」


確かに長かった…!

「アニキィ、心配したんですよ!!
 さびしかったんですよ!!
 オイラも一人で頑張ったんですよ────ッ!!!」


うんうん、ツキタケもいっぱい頑張った(T^T)

ガクはここに来る途中でチコゾーと会い、
チコゾーの鼻を頼りに明神達の元へ来たようです。

「………愛の力は偉大だな」

明神さん、もちろんですとも!!
ガクもですが、みえるファンも頑張ってますから!!v(>▽<)v

そして、長老とチコ達による明神の治療が始まりました。
チコ達が使ったのは『地氣衡天』(チキショウテン)という術です。
明神は体の隅々に、熱い何かが染みわたっているのを感じていました。


場面は再びガクへ。

「この胸の穴から!!!
 だだ漏れるのはァァァァッ
 愛!!!!」


ガクのラブパワー、すさまじいです(゚□゚ι)
しかしガクが受けた傷は大きく、動きがフラフラなガクのハンマーは、
コモンを捉えることができません。
ついに倒れてしまうガク。
そこに駆け寄る姫乃。

「ガクリン、動かない方がいいよ…!!」

「全然ヘーキ。
 たまたま通りがかった、
 キツネを一匹食べちゃった」


「食べちゃった!!?
 だめだよガクリン!!
 そんなの食べちゃお腹こわすよ」


「そっか…わかった」

……こんな時に、何ていうほのぼの会話を繰り広げているんですかあんた達はぁぁぁっ!!
激しく萌えちゃったじゃないか!!(爆)

でも、問題は次のシーンですよ。

倒れたままのガクを心配そうに見つめる姫乃。
姫乃の頬に、傷があることに気づいたガク。
ガクはそこに触れようと手を伸ばしますが、霊であるガクの手は、
姫乃に触れることができず、すり抜けてしまいます…。

姫乃は傷についてガクに心配かけまいと、

「……私ならヘッチャラだから!!
 気にしないで」


と言いますが、それを聞いたガクの中で、また何かのスイッチが入りました。


場面は明神へ。
チコの術を受けた明神は、動けるまでに回復していました。
長老によると、この術はチコの魂を少しだけ明神に注ぎ、衰弱した明神の魂を活性化させる術だそうです。
チコ達は魂をかなり消耗し、ゼーゼー言っています。
明神の魂の力が全身を駆け巡っていて、身体の痛みは感じませんが、
この術は治癒の術ではないため、腹に受けた傷などはそのままです。

長老が明神の力について話してくれました。

「魂と身体の規格が合っとらん人間
 躯という器に収まりきらぬ、大きな魂を持つ者…!!
 白い髪は、その印

 溢れ出した魂は身体の枠を超え…
 表皮の様に全身を駆け巡る
 だから霊に触れられる

 素晴らしき力じゃ」


ここで一瞬入る、泣いている子供明神の回想シーン。
そして、現明神。
無理矢理霊に追い掛け回され、ただ自分の力を怖がっていたあのころ。
でも、今は!!という感じでしょうか(^^)v


そして再びガク。

「こォオオのド畜生オォォォ!!!
 Myスウィートに手をあげた罪!!!
 消えてあがなえぇぇぇ!!!」


キレてる!ガク、キレてる!!(゚□゚ι)
でも、「死んであがなえ」とは言わなかったんですね。
もう死んでいるという理性は残っていたと(^^;)
動けるようになった明神も合流し、二人でコモンに向かっていきます。

「まだ終わってねーぞオラァァァァッ!!!」

熱すぎるよ今回のみえるひと…!!
大好きだ!本当に大好きだみえるひと!!

コモンが紅炎を放とうとした瞬間、コモンの手にエージが飛びつきました。
ツキタケがマフラーを操って、エージをコモンの元へ飛ばしたようです。
動きの止まったコモンの隙を突いてパンチを繰り出す明神。
しかし、当てることはできませんでした…が、かすり傷を負わせます。
先程まで自分に触れられなかった明神の、突然の変化に驚くコモン。
その怒りはエージ達に向けられます。

「望み通り、先に片付けてやる…!!!」

「駄目!!!」

コモンとエージ達の間に割って入り、両手を広げて立ち向かう姫乃!

「やるならやんなさいよ!!
 私もろとも!!!」


次から次へ、自分を苛立たせる存在の出現に、
コモンの怒りは最高潮。

「オレに指図すんじゃねえ!!!」

コモンは姫乃の制服のリボンを掴み、彼女を空中へ放り投げます。

空高く舞い上がった姫乃。
そして、そのまま重力に従って落下していきます。

駆け寄りたい、でも、自分達は彼女に触れられない…!
霊であるガク、エージ、ツキタケは見ていることしかできません。
…追いつけない、誰もがそう思った時、

 タマシイ
(剄は
 オレの体、全てを駆け巡る)


ものすごい速さで姫乃の落下地点へ走りこみ、姫乃をお姫様抱っこ(!)でキャッチ!!

(どうして──あんなに強い男なんだろうと思ってた
 絶対アイツには心のどこかで届かないと思ってた)


明神は師匠のことを思い出していました。

(剄は攻撃する為だけのモノじゃない
 ────届くんだッ!!!)


「………
 明神さんッ!!」


「さあ、反撃だ!!」


ついに師匠が使っていた瞬速移動を見につけた明神!
これでコモンとの戦いは互角か!?
コモンの姫乃への攻撃を目の当たりにしたガクは、さらにパワーアップか!?
澪姐さんはまだですか!?
待ちきれずに次週へ続く!!


…というか、次週合併号ってマジですかΣ( ̄□ ̄ι)




























チコの術を受けた明神の心情シーンで、

(指先…皮膚…体の隅々に、
五臓六腑に染みわたる…!!

とか言ってたらどうしようと思いました(言わんって;)
酔っぱらいですか(笑)
スポンサーサイト

テーマ:みえるひと - ジャンル:アニメ・コミック



プロフィール

桜鳥

Author:桜鳥


ポップンや他ゲーム、日常の与太話などを、
宮城の片隅よりお送りします。
最近はついったの方が多め。








最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。